【感情の日記を書く】ネガティブな感情こそ、自分が生きた証になる

こんにちは!きょうか(@kyokara_com)です!

 

 

私には10年ぐらい前から、

今も変わらず続けていることが1つだけあります。

 

それは、

感情の日記を書くこと

です。

 

日記なら書くよ〜という方は多いと思います。

 

楽しいことや嬉しいことなど、

何かいいことがあると日記に残したくなりますよね。

 

 

ですが私が書き続けている感情の日記は、

名前の通り出来事をメインに書くのではなく、

感情をそのまま言葉にして残していく日記なんですね。

 

ポジティブなことももちろん書いていきますが、

 

モヤモヤしていることや、何かに対する怒り、

突然襲ってくる不安や、誰かに話すほどでもない些細な悩みなど、

主にネガティブな感情を言葉として残していくんです。

 

みなさんも感情の日記、始めてみませんか?

 

 

 

ネガティブな感情こそ、自分が生きた証になる

日記

わざわざ嫌なことを書き連ねた日記なんて残す必要あるの?

と思う方もいるかもしれません。

 

それでも感情の日記を残そうと決めたのは、

ネガティブな感情こそ、自分が頑張って生きた証になる

と思ったからなんです。

 

…なんか重いですね。笑

 

よく、あの時は辛かった、苦しかったって言ったりするじゃないですか。

 

でもそれって、しんどかったということが思い出として残ってるだけで、

どのぐらい辛かったとか、実際に感じていた心の負担みたいなものは

再現できないし思い出せないんですよね。

 

アイコン
きょうか
思い出って美化されてしまうからね

 

もちろん、文字に残したところで感情の再現まではできないと思うけど、

自分がどんなことに苦しんで、どれだけの思いをして生きていたのかが、

見ればわかるようになるんです。

 

せっかく必死に生きていた自分を、その時の感情を、

数年も経てば忘れちゃうなんてもったいないし、悲しいですよね。

 

大変だった時の自分こそ、ちゃんと残しておきたいと思うんです。

 

 

感情の日記を書くメリット

気持ちの整理がしやすくなる

一人の時間

不安や悩み事がある時は、自分の感情を文字に起こすことで、

気持ちの整理がしやすくなります。

 

自分だけが見る日記なら、良いことも、悪いことも、

ほんとになんでも書けちゃいますよね。

 

やっぱりね、頭で考えるだけだと

どうしても見つからない答えみたいなのもあると思うんです。

 

アイコン
きょうか
悩みのタネは何なんだろう…

 

感じた気持ちをそのまま自分の言葉として書き出していけば、

モヤモヤしている原因がはっきりしてくるんです。

 

気持ちの整理をしたい時は一度、

思っていることを全部紙に書き出してみてください。

 

ストレスを発散できる

モヤモヤした気持ち

ストレスが溜まった時、私はよく日記を書いていました。

 

嫌なことがあったら愚痴りたくなるじゃないですか。

吐き出した方が気持ちも楽になるし。

 

そのせいか、私の日記も結構愚痴が多かったりします。笑

 

ですが、許せないことやイライラしたことを

そのまま文字として吐き出せば、

かなりストレス発散ができるんですよ。

 

感情の日記は自分だけのものなので、

言ってしまえばなんでも書けちゃうんですよね。

 

自分がその時感じたことを書くだけなので、

正しいとか間違いのルールなんて必要ないんです。

 

気に入らないことや自分勝手な気持ちをいくら書いたって、

誰かに否定されることもない。

 

嫌なことがあった時、ストレスを感じている時は

自分自身と会話するように日記を書いてみてください。

 

きょうか
気持ちもスッキリするよ!

 

過去の自分の悩みがわかる

読書

何年か経ってから過去の日記を読み返すと、

自分がどんなことで悩んでいたのかとか、

どんなふうに乗り越えたのかがわかるんです。

 

年齢や環境によっても悩みは全然違うんですが、

悩みの傾向みたいなのは変わらないんだな〜ということもよくわかります。

 

私は環境の変化がすごく苦手で、

新しい学校やクラスだったり、会社だったり、

環境が変わるたびに日記を残していました。

 

新しい環境に飛び込む前は、

だいたいいつもメンタル崩壊してるんですよね。

 

でも数ヶ月後の日記には、それなりに楽しんでいる自分が残されているので

「いつもみたいにすぐ大丈夫になる」と、

自分が書いた日記に救われることも多いんです。

 

アイコン
きょうか
なんとかなるんだよ

 

感情の日記を書くことで、

その時にしか感じられないような気持ちも

ちゃんと残していけるんですよ♪

 

 

日記はデジタルよりもアナログがおすすめ!

ノートディズニーで買ったノートがお気に入りです♪

 

ブログやアプリを使って日記を書くのもいいんですが、

感情を丸ごと残すなら、紙とペンで書く日記がおすすめです。

 

確かにデジタルの方が便利なんですよね。

スマホさえあればいつでも書けるし。

 

ですがデジタルで書いてしまうと、

どんな気分でも、どんな内容でも、

当然ですが文字は単調になってしまうんですよね。

 

文字の大きさや、字の雑さや丁寧さ、筆圧などは

その時の気分で大きく差が出ると思うんです。

 

ペンを握って書かくからこそ残せる感情もあるので、

私は圧倒的にアナログな日記がいいと思いますよ♪

 

 

感情の日記を書いてみませんか?

メモ

日常に生まれる感情をなんとなく味わって忘れてしまうのではなく、

せっかくなら日記に残していきませんか?

 

日記なんて続けられない…と思う方もいるかもしれませんが、

あくまで感情を残すことが目的なので、

毎日書くことや続けることを目標にする必要は全くありません。

 

書きたい時に書きたいことを書けばいいだけなんです。

 

自分自身と向き合えるいいきっかけにもなるので、

ぜひ、感情の日記を始めてみてはいかがでしょうか♪

 

きょうか
いつの自分も忘れないように…