未経験でIT企業に入社したらどんな仕事や経験ができるのか

こんにちは!きょうか(@kyokara_com)です!

 

ITエンジニアに転職したい!というのを、最近私の周りでもよく聞きます。

やっぱり人気があるんだな〜と思いますね。

 

その中でもほとんどの方が未経験からの転職になるのではないかと思います。

 

  • 未経験で入社したらどんな仕事から始めるの?
  • どんな経験ができるの?
ということについて、未経験でIT企業に入社した私の経験を伝えしたいと思います!

 

 

 

 

未経験でIT企業に入社できるのか

未経験でもIT企業に入社できます!

 

自社開発は即戦力が求められるため未経験OKというとこは少ないと思いますが、

SESやSIerの企業だと未経験を歓迎しているとこが結構あります。

 

その理由にポテンシャル採用があるんですね。

20代なら経験や能力よりも将来性を重視して採用してくれます。

なので本気でITエンジニアを目指したいという方は積極的にチャレンジするのがいいと思います!

 

30代となると未経験というのが厳しくなり、実績やら能力やらが問われるようになってしまいます。

どうしても年齢の壁というものができてしまうんですね…

だからと言って無理なんてことはないので、諦めずに挑戦して欲しいなと思います。

私が勤めていた会社にも、未経験で入社されてる30代の方はたくさんいましたよ!

 

 

入社後はどんな仕事をするのか

スタート

入社する会社にもよりますが、未経験だとテスト業務からのスタートになるんじゃないかと思います。

私は何社か面接に行きその際に必ず、入社してまずどんな業務ができるのか?という質問をしていたのですが、ほぼ全社に「まずはテストから」と言われました。

 

では、そのテストとはどんな仕事なのかというと

開発したシステムに不具合がないかを調査する仕事です。

 

本来はもう少し細分化されてますがざっくりとした流れはこんな感じです。

開発の流れ図

 

リリース(納品)する前の工程で、

仕様通りにちゃんと動いてるか?

バグはないか?

ということを、色んなパターンとデータを使って調べていくんです。

 

バグがある状態でリリースしてしまうことのないように、しっかりと細かく調べていかなければならないので、テストというのはかなり重要な仕事なんです!

 

合わせて読みたい

こんにちは!きょうか(@kyokara_com)です!     未経験でIT企業に入社した場合、 「最初の仕事はテストから」 ということを、よく聞くと思います。   が[…]

アイキャッチ画像

 

 

テストをしながら知識をつけていく

テストにプログラミングの知識がいるのかと言われればいらないのですが、とはいえテストではテストの知識が必要です。

未経験でも与えられる仕事なんですが、決して簡単なものではありませんでした。

 

アイコン
きょうか
私の能力の問題か…?

 

テストをしていく上で出てくる用語に対しても最初は

何それ何それ!どれの事!?

ってなってました。

その都度ググって叩き込むという感じでしたね…

 

あとは、テストデータを作る必要があったため、SQLの知識が必要でした。

データベースを扱う際に必要な言語で、SQLが理解できていない時はほんとにちんぷんかんぷんでした。

入社したばかりの頃は、書いてる通りなのに意味がわからないという状態(笑)

 

アイコン
きょうか
絶望的…

 

なので未経験で入社する場合、準備としてSQLを勉強しておくのがいいかと思います。
私はちょっとやった程度で入社したので痛い目にあいましたね…
特に自社開発に行きたいと考えてる方はSQLは理解していることが前提というレベルになってくるので、プログラミング言語と同時にSQLの知識も習得しておきましょう!

 

私が入社してから使った参考書をご紹介します。

 

『スッキリわかるSQL入門 第2版 ドリル222問付き! 』

イラストの説明がついているのでとても分かりやすくデータベースとは?ということから解説してくれているので、初心者でも基礎から学べる内容になっています。

 

各章毎に練習問題があり学んだことをすぐにアウトプットできるので、圧倒的に知識がつきやすいと思います!

 

この一冊を読み終えれば実務で困ることは基本的にないはずです!

 

他にも技術とは別で、基本的に自分で調べるという力は必要になります。

自分が無知すぎるということに気づき聞くことすらも恥ずかしくなっていた私は、こそこそと調べてあたかも知ってました感を頑張って出してました(笑)

なので嫌でも調べる力と知識はついてきますよ!

 

 

テスト業務の他に経験した仕事

デスク周り

私が入社してから半年過ぎた頃に、設計業務をさせてもらいました。

 

半年はテスト業務をしていたので、いつまでテストなんやろ…と思っていたところ、設計業務ができるとなったのは嬉しかったです。

ですが初めは一から作るというわけではなく、今あるものを修正していくという仕事でした。

誤記がないかとか、この仕様で問題ないかなどを確認するという感じですね。

 

2ヶ月ぐらいが経った頃に、追加の機能の設計を任せていただきました。

新規の機能というよりは、既存の機能を別の端末用で作るという感じでした。

 

私が作る機能と既存の機能はほぼ同じ仕様なのですが、所々で特有の仕様が必要な場合は一から考えたりもしていました。

結構難しいな〜と思いながらあれやこれやと考えてできた設計もOKをいただけて、じゃあそのままコーディングしますか?という流れになりました。

 

アイコン
きょうか
いいんですかああああ!

 

複製の機能とはいえ、やっとコーディングができるーーー!という気持ちでした。

コーディング業務が終わったあとは、引き続き設計と別の機能の改修を行っていました。

 

トータルして2〜3ヶ月ぐらいを設計・改修を経験し、人員不足のためテストに戻ることになりました。

 

 

未経験で入社してから1年間で経験できること

私はSIerの企業に未経験で入社してから1年間で

  • テスト(8割)
  • 設計(1割)
  • コーディング(1割)
を経験することができました。

 

こう見ると順調そうな感じがしますが、全体の8割ぐらいがテストです。

 

SESやSIerとして入社した場合、確実にスキルアップしていけるかどうかは正直会社や案件によるな〜と思います。
ほとんどがテストスタートだと思うので、プログラミングができるようになるには個人での学習も続けていかなければなりません。
それでもコツコツと実務経験が積まれていくのは間違いないです。

 

自社開発だと開発に関われるチャンスが増えるはずなので、仕事をしながらスキルを磨いていけると思います。
できるなら早く成長したいですよね。

 

私は会社を1年半で辞めてしまいましたが、無駄だったことはありません。

 

技術的なことで言うと、
  • PCスキルが格段に上がる
  • SQLをマスターできる
  • 簡単なコードなら読めるようになる
など入社前と比べると、できることがかなり増えたので大きな収穫だったと思います。

 

 

可能性は広がる

選択肢

私のブログでは「やってみたいことは今日から始めてみよう!」と言うことを発信していますが、IT業界への転職を考えている方は特に早めに行動してみるのがいいと思います!

 

早めの行動というのは今すぐに転職を!という意味でなく、

IT業界について調べてみる

プログラミングの勉強を始めてみる

ということです。

 

ある程度の技術がある状態で転職するほうが、

未経験で不安という場合でも、こんな勉強しました!というアピールができますし、

自分がしたいことを入社していきなりできるようになるかもしれませんよね!

 

プログラミングの勉強に関しては結構時間がかかってしまうので、ちょっとずつをコツコツ続けて可能性を広げていくためにも早めの行動が大事かなと思います!

 

私がIT企業に入社するまでにどんな勉強をしたのかをまとめてるので、こちらも見てみてくださいね!

合わせて読みたい

こんにちは!きょうか(@kyokara_com)です!   最近はITエンジニアの人気が増えてますよね。 IT業界への転職を考えている人は多いんじゃないかと思います。   その中でも、 […]

アイキャッチ画像

 

 

きょうか
チャレンジチャレンジ〜!