好きな時に、好きな場所で、好きなことをするために

  • 2021年3月10日
  • 2021年3月10日
  • コラム

こんにちは!きょうか(@kyokara_com)です!

 

 

私がブログを仕事にしたいと思った理由…

 

それは

 

好きな時に、

好きな場所で、

好きなことをしていたいから

 

です。

 

 

 

 

会社に縛られない生き方をしたいと思っていた

モヤモヤした気持ち

私は社会人として働きだしてからずーっと、

「仕事をしていても、自由な時間を増やせたらいいのに」

ということを、漠然と考えていたんです。

 

私が会社員として働いていた頃、

通勤や残業も含めれば、1日10時間以上は仕事に関わっていたんですね。

 

帰宅して、やっと自由な時間だ〜!と喜んでも、

それってたったの2、3時間だけ…

 

毎日毎日、

なんでこんなちょっとしか時間ないの!?

 

アイコン
きょうか
なんで!?(半ギレ)

 

と思っていました。

 

仕事だから仕方ないと割り切れたらよかったのですが、私にはそれができなくて。

 

自分の時間がないということ以外にも、

会社に行くために満員電車に耐えたり、

気難しい人ともうまく付き合っていくために、神経をすり減らしながらコミュニケーションを取ったり、

苦手な飲み会に渋々参加するも、全然楽しめなかったり。

 

会社にいるからこその悩みがたくさんあったんです。

 

もちろん、会社だからこそできることはあるし、

会社にしかない良いところもたくさんあると思うんです。

 

それでもやっぱり

会社に縛られずに生きれるようになりたい!

という気持ちが、常に私の中にあったんですよね。

 

 

ブログを仕事にすると決める

私は、前職を辞めた後

目の前のお金も大事なので、新たに会社員として働くため転職するか、

会社に縛られない理想的な生き方を手に入れるため、本気でブログに打ち込むか、

ということを、すごく悩んだんです。

 

私としては、

「ブログで生きていきたい」というのが本音でした。

 

このことを夫に相談すると、

「目の前のお金も大事やけど、将来のために本気で頑張れるならブログして良いよ。」

と言ってくれたんですね。

 

アイコン
きょうか
ありがとう!!頑張る!!

 

しばらく夫に負担をかけてしまうことにはなるのですが、

せっかく背中を押してくれたので、絶対頑張ると約束して、

ブログを仕事にすると決めました。

 

 

ブログで生きるのは、想像以上に大変だった

デスク周り

転職して会社に勤めていれば、

人との繋がりもできるし、

仕事に困ることもなく、毎月お給料も貰えるんです。

 

でも、ブログを仕事にしようと決めてからは

毎日自分で仕事を生み出していかないといけないし、

毎月安定した収入が入ってくるわけでもない。

特に今なんて、収入がない状態です。

 

 

試行錯誤を繰り返していかないといけないし、

アクセス数や、収益を見て苦しむこともあります。

 

てかもう毎日のように、

 

伸びない〜〜〜!!!

 

これほんまにいける????

 

って悩んでます。

 

始めてみたものの、正直めちゃくちゃ大変だと実感しています。

 

アイコン
きょうか
難しい…

 

 

でも!!!

 

大変でも苦しくても、それでも私がブログを続ける理由は、

「好きな時に、好きな場所で、好きなことをしていたい」

この理想を実現できる可能性があるからなんです。

 

 

理想の生き方のために、ブログを書き続ける

ブログを始めてから、

ありがたいことに少しずつ見てくださる方が増えたり、

収益が発生することも増えてきました。

 

ですが、順調かのように思えることもあれば、

これらの数字がパッと停滞することもあるんです。

 

うまくいかなくなると、

急に不安になってきたり、

やっぱり私にブログなんて向いてなかったのかな

と思ってしまうこともありますが、

 

それでもなぜか心は折れずに、ブログに夢中になれるんです。

 

 

今までたくさんの仕事を経験してきましたが、

こんなに夢中になれたことはありませんでした。

 

もちろん、やらなきゃいけないからという理由もあります。

お金は生きていく上で超重要だから。

 

 

でもきっと、

 

好きな時に

好きな場所で

好きなことを

 

そんな未来を想像すると、自然と頑張れちゃうんだと思います。

 

私は理想の生き方を実現していくために、

これからも、ブログを書き続けていこうと思います。

 

アイコン
きょうか
自分らしい生き方を…