【ヨーロッパ旅行記 第4章】マドリード観光「生ハム、ゲルニカ、レアル・マドリード」

  • 2021年7月13日
  • 2021年7月18日
  • コラム

こんにちは!きょうか(@kyokara_com)です!

 

 

この記事は私が初めて経験した海外旅行について書く、

ヨーロッパ旅行記です。

 

2年前の冬に18日間のヨーロッパ周遊をしたので、

当時のことを思い出しながら書いていきたいと思います。

 

長くなってしまいそうなので、全8章に分けて書いていきます。

 

日記みたいな記事になりますが、

旅行ができないこんなご時世なので、

少しでも海外旅行気分を味わっていただければ幸いです。

 

 

第4章マドリード編は、

6日目のウィーンからマドリードへ移動

7日目のレアル・マドリードのサッカー観戦

8日目の日帰りトレド観光

の内容をお届けします!

 

 

 

 

6日目 ウィーンからマドリードへ!生ハム生活が始まる

この日はウィーンからマドリードへ移動するだけでした。

 

マドリードに到着したのが夕方ぐらいだったので、

観光できる時間もないし…ということで

スペイン旅行で楽しみにしていた生ハムを買いに行きました。

 

「ムセオ・デル・ハモンという生ハム専門店に行って生ハムを買い、

さらにスーパーで生ハムを買い足しました。

生ハム黒いパックが専門店、他がスーパーで買った分です

 

これぐらい余裕で食べれると思ってたんですが、

私たちは本場の生ハムをナメておりました。

 

味が濃い上に厚みと脂がすごくて…

ゴッテゴテのギットギト。

 

でも、これがほんまの生ハムかーってぐらい

めっちゃくちゃおいしいんです!!!

 

アイコン
きょうか
うんまい!

 

初日でもういらん…ってぐらい食べましたが、

マドリードを出るまで毎日生ハム生活になりました。

 

本場の生ハム食べたい〜って方におすすめなのがこちらです。

最近またあの生ハムが食べたくなったので買ってみたんですが、

すごくおいしかったです!

 

 

7日目 人生初のサッカー観戦はレアル・マドリード!

今回のヨーロッパ旅行は、

この日のサッカーに合わせて予定を組んだようなもの。

 

ホーム、サンティアゴ・ベルナベウで

レアル・マドリードの試合を見るために〜〜!!

 

アイコン
おっと
サッカー少年の夢!

 

サンティアゴ・ベルナベウ

すご〜〜!!!

ベルナベウや…

 

スタジアムの周りは人がたっっっくさんでした。

 

試合が始まるまでの間にグッズを買ったり。

レアル・マドリードグッズ

マフラータオルが熱いです。

 

この日はレアル・マドリードVSジローナでした。

 

試合が始まる前に選手紹介があるんですが、

会場もめちゃくちゃ沸いていてテンション爆上がりでしたね。

 

ただ、モドリッチがベンチにもいないという

まさかまさかのことが起こってしまいまして…

 

うっそやん!!!!

ってなりました、さすがに。

 

アイコン
きょうか
なんでえええええ!!

 

いや〜、、、見たかった。

残念すぎる。

 

しょうがないけど。

 

レアル・マドリード

にしてもすごい…

 

こんな近くでサッカーが見れるなんて!

 

前半にカゼミーロが決めまして、

会場もうわ〜〜〜!なってました。

 

レアル・マドリード夫が好きなマルセロをパシャリ

 

さすがだな〜と思いながら見てたんですが、

後半立て続けに2点取られまして。

 

…え?

 

85分ぐらいになっても流れが変わらず、

負けたら治安が悪くなると思ったので早めに撤退しました。

 

結果は1-2でレアル・マドリードが負けました。

 

……。

 

モドリッチも出てない、、、

勝つと思ってたのに負けた、、、

 

アイコン
きょうか
ちーん

 

まさかですね。

 

結果は負けでしたが、

試合を生で見れただけでも超価値があるし大満足です!!

 

めちゃくちゃ楽しかった!!!

 

チャンピニョンが絶品すぎた…

サッカーの試合が終わったのがお昼を過ぎた頃だったので、

ご飯を食べにサン・ミゲル市場に行ってきました。

 

タパス

こんな感じのタパスをたくさん食べてました。

 

どれもすごく美味しいし、

小さいサイズなのでいろんな味が楽しめます♪

 

それから市場のすぐ近くにある

「メソン・デル・チャンピニョン」に行って

看板メニューのチャンピニョンを食べました。

チャンピニョン

これを食べるのずっと楽しみにしてたんです…

 

マッシュルームのアヒージョなんですが、

もうめーーーっちゃくちゃおいしくて!

 

マッシュルームが結構大きいんですが、

(スーパーに売ってるしいたけぐらいあるかな)

ぺろっと食べ切ってしまうぐらい絶品でした。

 

アイコン
きょうか
幸せ〜

 

ここのチャンピニョンはガイドブックでも紹介されている有名店なので、

マドリードに来た際は絶対に食べて欲しいです。

 

ほんまにほんまにおいしいです!

 

ソフィア王妃芸術センターでゲルニカを見てきました

お腹いっぱいになった後は、

ソフィア王妃芸術センターに行ってきました。

ソフィア王妃芸術センター

 

ソフィア王妃芸術センターには

ピカソの「ゲルニカ」が展示されていたり、

ダリやミロの作品も多数展示されています。

 

お目当てはゲルニカですが、

私はミロの作品がなんとなく好きなので、

芸術がわからないなりにもここはすごく楽しみにしてたんです。

 

案の定ゲルニカの前には人がたくさんいました。

 

離れたところからでも見えるぐらい実物はめちゃくちゃ大きかったです。

 

ほえ〜これか〜みたいな間抜けな感想しか出てこなかったですが、

間近で観るとやっぱり迫力がありましたね。

 

そして私が楽しみにしていたミロの

「パイプをくわえた男」や

「かたつむり・女・花・星」も見つけれました♪

 

ミロのあのよくわからん絵が好きです。笑

 

知らない作品の方が圧倒的に多いんですが、

見たいものが見れたのでよかったです。

 

 

8日目 日帰りトレド観光!絶景のためなら10kmでも歩く

世界遺産の古都トレドを観光

8日目はマドリードから電車で30分ぐらいのところにある

世界遺産の古都トレドへ観光しにいきました。

 

トレド

駅構内がすごく綺麗。

 

さっそく街の中心を目指して歩いていると早くもこんな景色が。

トレド

このファンタジー感がたまりません。

 

ワクワクしながら歩き続けてたんですが、突如現れた坂道。

トレド

写真で伝わりますかね…

 

まじで激坂なんですよ。

こんな斜面見たことないってぐらい。

 

先が思いやられました。

 

街の中心に着くとお土産屋さんやご飯屋さんなどお店がいっぱいでした。

トレド

広場には人がたくさんいましたが、

住宅街のほうに入って行くと道も細くなり、

人も少なくなっていきました。

 

トレド

裏道を通ったりしても危険な雰囲気は全く感じなかったです。

 

街の中を歩きながら、展望台を目指していきます。

 

展望台まで歩いてる人は私たちぐらいでした

トレドの街を一望できる展望台があるんですが、

そこまで結構な道のりなので

ほとんどの人はバスやタクシーに乗って向かうんです。

 

が、私たちはバスが過ぎ去っていくのを横目に、

何もない道をひたすら歩いていきました。

トレド

私たち以外の人も見当たりません。

 

平坦ならいいんですけどね、

頂上まではもちろんずーっと坂道です。

 

夫はスタスタ歩いて行くんですが、

2月なのにめちゃくちゃ暑いし

私は体力もないので溶けそうになりながら必死で歩いてました。

 

アイコン
きょうか
ほんまにもう無理…

 

トレド

でも、一歩一歩進むにつれて変わっていく景色を眺めれるのは

歩いてるからこその特権だと思うんですよね。

 

徒歩でしか味わえない感動がある

歩き進めてから約2時間、

ようやく展望台に到着しました。

 

展望台からの景色がこちら。

トレド

絶景……

 

こんなに素敵な景色を二人占めです。

 

アイコン
きょうか
頑張ってよかった…

 

この景色を見た時の達成感と感動は

歩いてきたからこそのものだと思います。

 

徒歩でしか見れない景色もたくさんあったので、

かなりきついですが足腰に自信がある方は

ぜひ歩いて展望台を目指してみて欲しいです!

 

帰りももちろん歩きです。笑

トレド

行きとは違った景色を見ながらのんびり歩いて帰りました。

 

トレド

トレド観光だけで計10kmぐらい歩いたと思います。

 

いや〜もうほんとに疲れた。

でもその分思い出も濃くなったのでよかったです♪

 

マドリードに戻ってからまたチャンピニョンを食べに行き、

思い残すことなく観光が終わりました。

 

【AC ホテル・カールトン・マドリード・バイ・マリオット (AC Hotel Carlton Madrid by Marriott)】

 

次は第5章リスボン観光です!

合わせて読みたい

[adcode] こんにちは!きょうか(@kyokara_com)です!     この記事は私が初めて経験した海外旅行について書く、 ヨーロッパ旅行記です。   2年前の冬[…]

【ヨーロッパ旅行記 第5章】リスボン観光!あの日食べたナタの味が今でも忘れられない