定時で帰るか帰らないか、これだけで人生大きく変わるよ

こんにちは!きょうか(@kyokara_com)です!

 

 

定時で帰りたい…

でも周りの目が気になって帰れない…

 

という方は、たくさんいると思います。

 

ですが、定時で帰るというのは当然のことです。

無理してまで残業をする必要は全くありません。

 

今回は、

  • 周りの目なんて気にせず定時で帰って、
  • 自分のために時間を使おう

ということについて、お話ししていきたいと思います。

 

 

 

 

定時になったら帰るって、当然じゃない?

時計

定時に帰りたいけど、周りの目が気になってしまう…

周りが残業している中、1人先に帰っていいのか…

と思っている方、

 

定時なんだから、

帰っていいに決まってるんですよ!!

 

 

荷物まとめて、さっさと帰ってしまいましょう。

 

 

いやでもね、分かります。

 

定時になったところで、あまりにも周りが動かないもんだから

「まだ帰ったらあかん感じ…?」

って謎に焦ったりしますよね。

 

さすがに、仕事が終わってないのにほったらかして帰ったり、

周りに迷惑をかけてしまう状態のまま帰ってしまうのはいけないと思いますが、

 

自分のやるべきことをやったなら、その日の仕事は終了です。

 

ほんとに、なんであの帰りにくい雰囲気だけは

毎日完璧なほどに作り上げられてるんでしょうかね。

 

ですが、そんな周りの雰囲気なんて一切気にせず、

元気よく「お疲れ様です!」と言って、帰りましょう。

 

きょうか
今日の仕事は終わり!

 

定時になったから帰るって、当然のことですからね!

 

 

残業に頼ると、負の連鎖が始まってしまう

疲れ

だらだら残業になってしまう

例えば、会議があるから今日は残業できないと分かっていたら

その日はめちゃくちゃ集中して仕事を終わらせようとしますよね。

 

ですが、最初から残業すればいいと思いながら仕事をしていると、

1日8時間という決められた時間での作業効率が悪くなってしまい、

終われるはずの仕事も終われなくなってしまいます。

 

それに、長時間集中力を持続させるって難しくないですか?

 

アイコン
きょうか
疲れた〜

 

残業していても時間だけが過ぎていく割に、作業の進捗はそんなにない。

 

だけどタイムリミットは迫ってくるので、

最終的にはスピード優先になり、作業の質も悪くなっていきます。

 

最初から残業することを考えていると、

最終的にはめちゃくちゃ効率の悪い、だらだら残業になってしまいます…

 

生活習慣に狂いが生じる

当たり前ですが、残業をすればするほど、

家に帰る時間も遅くなりますよね。

 

その結果、ご飯を食べる時間、お風呂に入る時間、寝る時間など、

全ての時間が遅れてしまい、生活習慣に狂いが生じてしまいます。

 

アイコン
きょうか
もうこんな時間…

 

睡眠時間も減ってしまい、

しっかりと体を休めることができないまま

翌朝を迎えることになってしまいますよね。

 

このような生活が続くと、もちろんストレスは溜まっていきますし、

健康にも悪影響を及ぼす可能性が高くなります。

 

仕事に面白みを感じれなくなる

残業ばかりが続く仕事を、楽しいと思えるでしょうか。

 

会社にいる時間や仕事が楽しいから残業しているという場合は除き、

なんとなく帰りにくいから、

周りの目が気になって帰れないから

という理由で残業が続けば、どんどん会社や仕事が嫌になってしまいますよね。

 

アイコン
きょうか
仕事楽しくない…

 

プラーベートの時間も確保できるからこそ、

ON/OFFの切り替えがしっかりできて、

仕事の面白みややりがいを感じることができると思うんです。

 

周りの目が気になるという理由で、

だらだら残業を始めてしまい、

その結果生活習慣にも狂いが生じ、

仕事ばかりの生活と仕事そのものが嫌になってしまう。

 

ちょっと大袈裟かもしれませんが、

定時退社をしないだけで、このような負の連鎖が始まってしまうんです。

 

 

仕事は定時で終わり!貴重な自由時間を確保しよう

一人の時間

1日の始まりと同時に仕事が始まり、

仕事が終われば今日という日も終わり。

 

…ではありません!

 

仕事が終わった瞬間からがやっと、

自由に楽しめる貴重な時間が始まるんです。

 

趣味の時間を楽しむことで、毎日を充実させられるし、

勉強や副業をコツコツ頑張ることで、

新たに可能性が広がったり、人生の選択肢を増やすことができるかもしれません。

 

仕事終わりの時間をどれだけ充実させるかは、

定時に帰るか帰らないか、たったそれだけで変わります。

 

今まで定時で帰っていなかった場合、

いきなり定時退社するってちょっと勇気がいるかもしれませんが、

周りの目が気になってしまうのは、ほんの一瞬だけです。

 

すぐに慣れるし、むしろ定時で帰らなきゃ!という気持ちにすらなりますよ。

 

早速、仕事終わりの予定を考えてみてはいかがでしょうか?

なんでもいいんです。

 

今日は〇〇したいから、定時に帰る

 

帰る理由ができるだけで、仕事にも集中できるし、

充実した毎日を送ることができるはずです。

 

定時で帰るか帰らないか、

これだけで楽しい人生に変えられるなら、

周りの目なんて気にしていられませんよね!

 

きょうか
定時で帰ろう!