【ヨーロッパ旅行記 第1章】モーツァルトが生まれたザルツブルクを観光

  • 2021年7月9日
  • 2021年8月31日
  • 旅行

こんにちは!きょうか(@kyokara_com)です!

 

 

この記事は私が初めて経験した海外旅行について書く、

ヨーロッパ旅行記です。

 

2年前の冬に18日間のヨーロッパ周遊をしたので、

当時のことを思い出しながら書いていきたいと思います。

 

長くなってしまいそうなので、全8章に分けて書いていきます。

 

日記みたいな記事になりますが、

旅行ができないこんなご時世なので、

少しでも海外旅行気分を味わっていただければ幸いです。

 

 

第1章は1日目のザルツブルク観光についてお届けします!

 

 

 

 

1日目 海外到着を噛み締める間もなく大移動

大阪で空港を間違えるという事件を起こしましたが、

なんとか無事ドイツのミュンヘンに到着することができました。

合わせて読みたい

[adcode] こんにちは!きょうか(@kyokara_com)です!     海外旅行がしたいです。   こんなご時世になってなかったら、 今頃どこに旅行してたかな〜な[…]

【ヨーロッパ旅行記 第0章】初の海外旅行は出発の空港を間違えるところから始まった

 

この日はミュンヘンに到着してすぐザルツブルクに向かうという、

海外に来ていきなり国境を越えるハードスケジュール。

 

空港から中央駅までバスで向かってたんですが、

バスの運転がアトラクション並みに揺れるわ跳ねるわでめちゃくちゃ酔いました。

 

中央駅に着いてからも海外に来たことを実感するより

チケット買わな!

列車ちゃんと乗らな!

と、バタバタした感じでしたね。

 

日本で徹底的に調べてたバイエルンチケットを買って、

19時ぐらいからザルツブルク行きの列車に乗りました。

 

雪が積もる真っ暗な外を眺めながら

この辺で間違えて降りてしまったら死ぬな〜

と思いながら若干不安になったり、

 

ほんまに海外来てるんや…とじわじわ実感したりしながら

2時間ほどでザルツブルクに到着しました。

 

着いたのが完全に夜だったので、

初めての海外と人の少ない夜道にビビりながら

駅から5分ぐらいのホテルにチェックインしてこの日は終了。

ザルツブルク ツム ヒルシェン枕にモーツァルトクーゲルが♪

 

【アハト ホテル ザルツブルク ツム ヒルシェン (ACHAT Hotel Salzburg Zum Hirschen)】

 

 

2日目 冬景色がかっこいい!ザルツブルク観光

ザルツブルクカードを買って観光スタート

旅行2日目はザルツブルクを観光するため、

中央駅にザルツブルクカードを買いに行ってからのスタートです。

ザルツブルクカードカードのデザインもすごくかわいい!

 

ザルツブルクカードは観光スポットの利用料が1回無料になるという

旅行者にはめちゃくちゃありがたいカードなので、

ご旅行の際はぜひチェックしてみてください♪

 

マカルト橋を渡ってメンヒスベルク近代美術館へ

ザルツァッハ川

遠くに見えるホーエンザルツブルク城を眺めながら、

マカルト橋に向かってザルツァッハ川沿を歩きました。

 

この景色にまず感動。

 

アイコン
きょうか
すごい!初海外!

 

ザルツブルグカードの写真と同じ景色ですね。

…もうちょっと先かな?

 

冬景色と曇天で街全体にかっこよさが増す。

 

マカルト時は遠くから見ると赤い端に見えるんですが、その理由がこれ。

マカルト橋

南京錠です。

 

名前や日付が書かれたものがたくさんあります。

 

きょうか
確かに赤い鍵が多いかも!

 

私たちも鍵かけてきたらよかったな〜と

帰ってきてからちょっと後悔しました。

 

旅行の時は南京錠何個か持ってたらいいかも?

 

マカルト橋を渡り終え、

ホーエンザルツブルク城とは逆方向にある

メンヒスベルク近代美術館へ向かいました。

 

お目当ては美術館ではなく展望台。

メンヒスベルク展望台

じゃん〜

かっこいい。

 

アイコン
きょうか
おーー!!

 

メンヒスベルクの展望台からは、

ザルツブルクの街を見下ろすことができます。

 

ザルツブルクカードを使えば、

無料で展望台に登ることができますよ♪

 

ゲトライデガッセを歩きモーツァルトの生家にお邪魔しました

ゲトライデガッセマクドナルドの看板がめっちゃオシャレ

 

ゲトライデガッセは鉄細工の看板が有名なんですが、

どのお店の看板も本当にかわいかったです♪

 

通りを進むと現れる一際目だった黄色い建物が、モーツァルトが誕生した家です。

こちらもザルツブルクカードで入場無料です。

モーツァルトの生家1階にはスーパーが入ってるよ

 

中は美術館になっており、

モーツァルトが子供の頃に使っていたバイオリンや、

自筆の楽譜や手紙などが展示されています。

 

特に私の目を引いたのが、

モーツァルトの髪の毛でした。

 

毛束がね、展示されてるんですよ。

 

アイコン
きょうか
本物…すご!

 

ほんとに存在してたんだ…という不思議な気持ちになりましたね。

 

当時の生活を感じられるような部屋の展示もたくさんあって、

ここはすごく面白かったです。

 

1階はスーパーになっているので、

お土産にぴったりなお菓子も買えますよ♪

 

極寒のホーエンザルツブルク城

ホーエンザルツブルク城に向かう途中で大聖堂に行きました。

大聖堂

わぁ…すごい…圧巻…(語彙力)

 

初めての大聖堂に感動したあと、

ケーブルカーに乗ってお城を目指します。

 

ホーエンザルツブルク城からの眺めはこんな感じです。

ホーエンザルツブルク城

冬のザルツブルクはやはりかっこいい。

 

しかし風が強い中雪も降ってたので、

お城の上はとにかく極寒。

 

アイコン
きょうか
さ〜っぶ!

 

寒い〜〜かっこい〜〜

を繰り返してました。笑

 

お城の中は博物館になっていて、

中世の剣や盾、拷問器具などが展示されていました。

 

ケーブルカーやお城の博物館にもザルツブルクカードが使えますよ!

 

ミラベル庭園を通って観光終了

映画「サウンド・オブ・ミュージック」の舞台にもなったミラベル庭園ですが、

私は見たことなかったので「へぇ〜」と思いながら庭園を通り抜けるだけで終わりました。

ミラベル庭園

本当はお花がいっぱい咲いていて色鮮やかな庭園なんですが、

2月の真冬には花ひとつありませんでした。

 

ですがこれも冬ならではの景色ですよね!

 

朝から行動して14時ぐらいにはザルツブルク観光が終了しました。

 

ちなみに交通機関は一切使わず全て徒歩で回りましたが、

全然時間が余るぐらいなので、

1日あれば余裕を持って観光できますよ♪

 

ウェストバーンでウィーンへ向かう

ザルツブルク観光を終えた後、

そのままウェストバーン鉄道を使ってウィーンまで向かいます。

 

ザルツブルクからウィーンまでは電車で3時間ほど。

 

ウィーンに到着してすぐホテルにチェックインし、

近くのスーパーへ買い物に行きました。

ウィーンホテルの部屋から見える建物がめちゃくちゃかっこいい

 

晩ご飯にサラダを買ったはいいものの、

ドレッシングもないしスプーンやフォークもなかったので、

生野菜を手で食べるという苦い思い出もできました。笑

 

割り箸を何本か持っていくべきですね。

 

ザルツブルク観光からウィーンへの移動で2日目は終了です。

 

【ノヴム ホテル プリンツ オイゲン ウィーン (Novum Hotel Prinz Eugen Wien)】

 

次回第2章はウィーン観光です!

合わせて読みたい

[adcode] こんにちは!きょうか(@kyokara_com)です!     この記事は私が初めて経験した海外旅行について書く、 ヨーロッパ旅行記です。   2年前の冬[…]

【ヨーロッパ旅行記 第2章】何かと世界一!見どころいっぱいのウィーンを観光